車の保険には自賠責保険と任意保険の2つのタイプが存在します。

任意保険、自賠責保険の双方ともに万が一の事故など遭った場合の補償に関するものですが内容や条件はやや異なっています。

任意保険と自賠責保険をよく調べると補償がなされる事象が一様とはいえません。

※相手へは「任意保険」「自賠責保険」で補償されます。

※自分自身に関しては、「任意保険」によって補償します。

※自己が所有する財産に対しては、『任意保険』で補償します。

自賠責保険単体では自らの負傷あるいは車についてのサポートは受ける権利がありません。

さらに相手への賠償などですが自賠責保険については亡くなられたケースでは上限額三千万円、障害が残った場合最高額で4000万円などというように定められています。

ただし賠償額が上記の額を凌駕することは結構な頻度で起こり得ます。

また加えて事故の相手方の所有する愛車または不動産を毀損した時に関しては、加害者による完全な自己賠償となるという決まりです。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というもう一種類の保険が大切となるのです。

危害を受けた人の救済に重きを置く任意保険ですがそれとは一線を画す機能が用意されています。

※事故の相手へは死亡時または手傷だけでなく、車や家屋というような財産を賠償してくれます。

※自分自身へは、搭乗者も加えて死亡時ないしは手傷を補償してもらえるのです。

※自己の所有する財産に関してはマイカーを補償してくれます。

そういった色んな面に関してしっかりしているのが任意保険のストロングポイントです。

月々の掛金の負担はもちろん必須となってしまうこととは引き換えに、相手方のためにも自分のためにもクルマに安心して乗りたいのであれば任意保険に入っておいた方がよいでしょう。