自己破産での手順によると、申請人は一番初めに申し立ての書類を申し立てる人の住居を受け持つ地方裁判所に届け出ることとなります。ライザップ 池袋

申し立てる人が出した申請書類があったら裁判官は、破産申請の承認をするのがよい根拠があるかというようなことを議論する流れになって判定の完了後、申し立てた人に返済不可な状態などの破産受理の条件が揃っていれば、自己破産申請の認定がくだるわけです。ライザップ 千葉

しかしながら、自己破産の承認がもらえても、返済責任が解消されたということにはなりません。

さらに免責の認定を申請する必要があります。

免責は自己破産申請の手続きの際に返済ができない負債に関して、司法がその義務を除外することです。

端的に言えば借金額を無しにすることです。

免責の場合も自己破産の承認の手順と似たように裁判所内で議論がなされて審理のあと、免責の認可がおりたら自己破産者は債務から自由になることになるから借金額は帳消しとなり、そうしてカードが利用停止になることを別にすれば自己破産者におよぶデメリットからも脱することになるのです。

ちなみに、免責非認定(返済を0にはしない)の判断がなされた場合返済また自己破産者の受けるハンデは残ることにならざるをえません。

破産の免責という制度はどうしようもない事由で多重の借金を負ってしまい苦境に立たされている人を救い出すために作られたシステムです。

だから資産を秘匿して破産申請の処理をするなど裁判所にあてて偽造の証拠を届けるなどの枠組みを不正利用する人間や賭博や暴飲暴食などの浪費で借入を抱えた人々の場合は自己破産の許可進行を凍結したり、免責適用不許可になります。

破産に関する法律では、免責をもらうことが認められない事由を今示した例の他用意してあり免責不許可事由といいます。